カテゴリー「アニマルムービー」の記事

2013年4月12日 (金)

眠らせてほしい。

お昼寝をしているユキ。

眠くて仕方ないようです。

それでも私の存在が気になるようで…

「…まだいるかな… はっ、まだいるよ」

「もう行ったかな… いやっ、まだいるし」

そんな心の声が聞こえそうです。

目が見開くのに合わせて動く小さなユキの耳が

こちらにきゅぅ~っと向いてくるのがかわいくて

眠らせてあげたいと思いながらも、なかなかその場を離れられませんでした。



眠ってもかわいいユキです。    (に)

2013年4月 5日 (金)

レッサーパンダ VS カラス

あと数分で閉園の時間になるというのに

ちらりと振り返ったらおもしろい光景が目に入ってしまった

「カラスだ~、カラスだ~」と興味深々のレッサーパンダ

レッサーパンダ VS カラス

どんなことが起こるのだろう

レッサーパンダに何かありそうなときは私が追い払ってやる

だけど正直、私はカラスは嫌いではない

これは誰だろうな…遠くてわからない

こういうことするのはイチゴかな(^-^;

とあれこれ考えながら眺めていると、カラスがもう一羽やってきた

「カラスが増えた~!」テンションがあがってるようにも見える

…と思ったら

「あれっ?もう行っちゃったよ」

あまり近づきすぎるとカラスが逃げちゃいそうで

しかもお天気がよくなくて暗いので

ホントわかりにくいのですが

それぞれ自由に想像力を働かせてご覧いただけるとうれしいです、どうぞよろしく。   (に)

2013年3月31日 (日)

カワウソトレーニング?

ある日の動物園。
閉園間際、正門までの道を急いでると

どこかから聞こえてくる

カタカタカタカタ…

なんの音?

正体はこちら

小石を前脚で転がすのは、ぴゃあの得意技とずっと思ったので

ぴゃあだと決めつけていたけど

もしかして、カイ君か?

自信がなくて担当飼育員さんに確認してもらいました。(てへへ、ありがとうございます)

やっぱり「ぴゃあ」だそうです。  

もう何回再生したかわからないほど、何度も見ました。

何回見ても笑ってしまう(・∀・)

一人で笑うのはもったいないのでアップしてみました。

気に入っていただけましたか?    (に)

2013年3月17日 (日)

ユキの日常。

ユキは、ほとんどと言っていいほど後ろ脚からプールに入ります。
プールへの階段へユキが進んでいくと、お客様が「おっ、入るのかっ!」と言われることが多いのですが、そんなときは十中八九入りません。
階段の前でくるりと向きをかえて後ろ向きになったら、入るかも!のサインです。

この映像は少し前に撮ったものですが、ユキの日常をよく捉えていると思います。

まずはご覧いただきましょうか。


いかがですか?

かわいいでしょう?たまりませーん!

すりすりと体をこすってます。おしりもすりすり

そのあと、ゆっくりとプールへ入ります。
もっと寒い日は脚だけ入れた後、ふみふみします。
これを一度映像に収めたいと思っているのですが、それこそ寒い日はプールに入らないこともありますのでタイミングが合わずにいます。

プールに入ったら、食べることができそうなものを探しながら、たまにむしゃむしゃしてみたり

それからお気に入りの穴へ鼻をつっこんで

水中を歩く姿、ご覧になりましたでしょうか。
あの前脚ポジションがホッキョクグマらしくて
私なんかはいわゆる「萌え~」です。

ご存じの方も多いと思いますが、ユキは国内で飼育されているホッキョクグマ最高齢3頭のうちの1頭です。

ずっとずっと(できることなら永遠に)元気でいてほしいです。     (に)

2013年1月 8日 (火)

通せんぼ。

キリンファミリーは今まで、お母さんのサクラとベイビーのリュウキが展示場にいて、お父さんのゴンタとは別々の生活をしていました。

ついに、年末、ファミリー展示になっているのを目撃しました。
が、ちょっと定かではありません。
というのも、その次に行ったときは別々だったし(もうお掃除の時間だったかな)、またその次に行った時はファミリー展示でした。

ゴンタは、サクラが大好きで、どうもリュウキにべったりのサクラさんにやきもちをやいているように見えます。

別々のお部屋にいたとき、お隣の部屋にいるサクラさんをじーっと見ていましたし、柵ぎりぎりまで行って顔だけサクラさんたちの方へにょろ~とだして
「サクラさ~ん、サクラさ~ん」とアピールしていました。しかも前脚でゴンゴン壁を蹴りながら…( ̄○ ̄;)!  (私の妄想?)

そして、つい先日のこと。

ひとつのお部屋のドアは閉じられていて、もう一つの部屋にファミリーお揃いでした。

ゴンタが見えたので「ゴンタ~」と呼んでみました。

すると、中からピョン!と半ば押し出されるようにして、リュウキが出てきました。

ゴンタが後ろからこちらを見ていて、「ちょっとリュウキで我慢しといてー。俺、サクラさんと二人でいたからさ。」

リュウキは、「あれ?ボク、出ちゃいました?」とぼーっと立ちつくしています。

今度はじーっとゴンタを見上げています。

「うわぁー。すごいな!ボクのお父さん、大きいでしょー。」

Dcf00003

ゴンタと比べるとまだまだ小さいけど、壁の身長計をみると、もう少しで3Mに身長が届きそうだよね。そう思いながら眺めていると、今度はサクラが見えました。

ん?何をやってる?

最初はゴンタの身体で自分のかゆいところをかいているように見えたのですが、どうも様子が違う。

ははぁーん、ゴンタ、通せんぼしてるんだ。

サクラは、リュウキが外に出たので自分も外に出たいのです。
ゴンタはそれを阻止しようと入口を陣取っています。
サクラとゴンタのやりとりを眺めていると、バスケットボールのディフェンス練習を思い出しました。

サクラは、ご飯を食べてるフリや外に全く興味がないフリをしながら、外に出るチャンスを狙っています。ゴンタは体や長い首を使って、通せんぼ!

Dcf00002

さて…

サクラの運命やいかに… 

<p>

ディフェンスをかわされたゴンタ。
こちらを向いてバツが悪そう。
ゴンタの名誉のために笑わないでいようと思ったのだけど、我慢できませんでした。   (に)

2012年12月27日 (木)

最近のレッサーたち。

寒い日が続きます。
レッサーたちは、寒いのは大丈夫なんですね。
私が行く時間は、いつも元気で楽しそうに遊んでいます。

広い展示場では、ベイビーズがじゃれておりました。

おもしろいのは、ここで動画を撮っていると必ず近づいてくるアヤメ。(去年のベイビーズのひとり)
そして、私の携帯をガジガジしようとするんですsweat02
実は私、真紅の携帯をつかっています。
思わず「リンゴじゃないよー」と言いました。
最初は偶然かなーと思いましたが、一度だけではないんですよね…。


ともすると、広い展示場に目が行きがちですが、後ろ側の展示場もお見逃しなく。

この日は、え?な姿でリボンさんが眠っていました。

Ribon

そこへ…
のんたくんがやって来て…


しっぽをかじられたリボンさん、痛さのあまり(?)思わずコタロウをカプリ!
気持ちよく眠っていたところに予期せぬ出来事でコタロウの「え?」
事情がわからず、ねぼけた顔(かどうかは定かでない)
「何?なんなの?」ってこちらに説明を求めているようにも見えます。

こんなふうに動物たちを眺めていると、本当にいろんな出来事があって
いつも楽しいです。


今日も、動物園ドラマがあなたを待っています!
風邪をひかないように、温かい服装でいらしてくださいね。   (に) 

2012年12月24日 (月)

ユキ「クリスマスだし、お正月も近いので。」

Merry Christmasxmas

最近めっきり寒くなりました。
昨晩は、ここ周南市も雪がちらちらと舞いました。

そうなると、ユキがプールへ入る時間が短くなる、もしくは、全く入らない日もあったりします。

でも…

クリスマスだし、お正月も近いので、体をキレイにしとこっと。

壁ですりすりして汚れを落としたら、あとは洗い流すだけ~note


クリスマスや忘年会、大掃除に年賀状、いろんなことで慌ただしいですが、そんなことお構いなしでなんだか楽しそうなユキです。

そんなユキを眺めることが、私の幸せですheart04

ステキな休日をお過ごしください。   (に)


2012年12月19日 (水)

アカハナグマの腹筋トレーニング。


最近、寒くなってきたので太りやすくなってきたそうです。

それで腹筋、始めたんだって。


コア使うのがうまくて、なかなか筋がいい!


(…嘘です)笑   

ただ…  かゆいらしい    (に)


2012年11月22日 (木)

レッサー7!!

今日は、日中暖かくてお天気も良く、動物園日和でした。

しばらく(といっても、ほんの数日)動物園へ行けそうになかったから、様子をうかがいに。
ちょっと…のつもりだったのに、また長居しちゃいました( ̄▽ ̄)
だって、まぁいろんなことがありまして。
また追って、ご報告したいと思います。

とにかく、今日はこれをお伝えしなければ眠れない、いえ、眠ってはいけない、と思うほどビックリというか、圧巻というか!!

園内を歩いていると、レッサーパンダ担当の飼育員さんにお会いしました。

「今、7頭がでてますから」

あたまの中で、あそこの展示場に4頭でしょ、それからこっちの裏側に3頭でしょ、全部で7頭か。
ん?いつもとおんなじ?

…と思いながら、レッサーパンダ舎へ

「!!」

「!!」

「どういうこと、これ!!」思わず叫んでしまいました。

慌てて撮った動画を(めっちゃ見にくい)ご覧ください。

この広い方の展示場に、な、な、なんと

(いちまんきゅうせんはっぴゃくえん!っていうぐらいの勢いで)

なんと7頭いるではありませんかぁぁ!

すごいです。

これじゃ、目がいくつあっても足りません。こんなの初めて見ました。

小学生は「一頭、持って帰りたい」と言ってるし
隣のカップルは「あの子がかわいい」「いや、こっちの子がいいー」と話してます。

レッサー7です!!

ご参考までにメンバーをお伝えしましょう。
お母さんの風花、風花の子供たち、アヤメとスミレ('11年生まれ)、今年7月生まれのツイン、そして栃(旭山動物園へお引越し)の子供たち、クルミとミカン('11年生まれ)です。

飼育員さんに確認しましたところ、ケガするような揉め事は今のところないそうで、しばらくはこの展示になるかな、と言われてました。

念のため申し上げておきますが、動物の体調や大人の事情(?)などで、レッサー7!展示ができないときもありますので、その時はご了承くださいませ。

でもなんだかこれすっごい機会だと思いますよー。
このチャンスをお見逃しなく!    (に)

2012年11月13日 (火)

レッサーパンダツインベイビー、その後。

10月7日、動物園をひとまわりして帰ろうとしたら、レッサーパンダ舎の前にいる飼育員さんに呼ばれました。
おいで、おいで、をされたので、なんだろうと思って行ってみたら…

きゃぁーーー!!
ベイビーがツインで展示場にいるじゃ、ありませんかぁぁぁっ

「今、初めて出してみました。好きでしょー?見ずに帰ったら、がっかりするでしょ?」

わかっていらっしゃる(笑)!
ニコニコしながら飼育員さんが手招きしてくださった理由がわかりました。

ツインズは、足の出し方も、やたらとおおげさで(本人たちは必死)、歩くというよりはコロコロしていました。
おもしろいもので、たとえ双子でも性格は違うんですね。

ひとりは、お母さんにべったり。
しかも彼女は、お父さん似(お父さんはレッサーパンダ営業部長)で、初めて展示場に出たというにもかかわらず、見ている私達一人ひとりに近寄って挨拶をしてくれました。

Dvc00962


さて、もう一人は…

あれ?

Dvc00961


遠いっ!!

ってなぐあいで

もうあれから約1か月後に撮ったのですね。
初日から時を追って動画にしてみました。

この子たちの名前の募集は、先週末11日で締め切りました。
さて、どんな名前になるんでしょうね。楽しみです。

コロコロの子供たちに会いたいと思われる方は、動物園へお急ぎください。    (に)