カテゴリー「その他」の記事

2016年9月 7日 (水)

ボランティア募集☆☆

今日は周南ふれんZOOの活動とボランティア募集について書きたいと思いますshine

私ごとですが、こちらのボランティアに参加してそろそろ1年が経とうとしています。動物園に熱い想いを持つ仲間に囲まれ、毎回楽しく活動を行っていますsun
せっかくなのでもっとボランティアの事を知って頂き、新規メンバーを増やしたい!との思いから今回改めて「周南ふれんZOO」について書きたいと思いましたpencil

ブログのトップページ右側にボランティアの概要等が掲載されていますが、改めてご説明させて頂きます。

私たちの正式名称は周南市徳山動物園学習支援ボランティア「周南ふれんZOO」ですaries
平成16年発足、メンバーは老若男女様々な方がいますが共通しているのは「徳山動物園が好き」ということ です!そんなメンバーがアイデアを出し合い、動物園職員さんと相談をしながら活動を展開しています。活動は大きく分けると①動物園主催イベントのサポート②ボランティア企画のイベント の2つです。それぞれの活動について一部紹介させて頂きますflair

①動物園主催イベントのサポート

■動物ふれあいイベントのサポート

「るんちゃるんちゃ」での小動物とのふれあいのお手伝い

■各種イベントのサポート
サマースクールや工作イベントでのお手伝い

■動物の誕生日会
動物の好物で手作りケーキを作ったり、誕生日会で♪ハッピーバースデー♪を歌ったり・・・メンバーでアイデアを出し合った企画での誕生日会開催

②ボランティア企画のイベント 

■TOKUYAMA ZOO CLASS(愛称:TZC)
TZCは「体験」と「動物観察」の2本立て、動物や自然について楽しく学ぶイベントです。原則月1回実施で、どなたでも参加できます。「温暖化とホッキョクグマの関係」など、毎回学びのテーマを決め、テーマに沿った体験(工作など)と動物観察のプログラムをメンバーで準備しています。(定員制、事前予約も可能です)

■研修・交流(他園館の見学等)
メンバーみんなで他の動物園・水族館等を訪れ、見学や訪問先職員・ボランティアとの交流・意見交換などをしています。(不定期実施)

■プルタブ集め
空き缶のプルタブを集めています。園内で使用できる車イスを動物園に贈ろう!という活動では平成19年度から3年間かけて車イス4台を寄贈しました。

来園者のみなさんが園内のプルタブ回収BOXに入れてくださるものや、学校・企業などで取りまとめて送ってくださるものなど、「徳山動物園を愛するみなさんの善意」に支えられている活動です。これからも頑張りますので、ご協力をよろしくお願いします!

■動物ガイド
園内で動物のガイドをしています。特定の動物や展示エリアについて解説する「スポットガイド」が中心。担当飼育員さんに解説内容のチェックやアドバイスをいただいた後、ガイドデビューとなります。(不定期実施)

■ブログで情報を発信
ふれんZOOの活動や、メンバーの目線からみた動物園の情報、飼育員さんから聞いた面白い動物ばなし等をブログ記事にて発信中です。

以上一部実施できていない活動もございますが、基本的にはこのような活動を行っております。ちなみに先週の土曜日は9/18開催のゾウさんフェスタの準備を行いましたhappy01


いかがでしたか?
文章だけ見ると「難しそう・・・」「楽しんで参加できるかな・・・」と不安になるかも知れませんが、動物園が好き!動物園を通じて子供たちの学習の役に立ちたい!などきっかけは何でも構いませんshineご興味がわきましたら是非一度以下動物園にご連絡下さい。お待ちしておりますaries(ブログトップページ右側にも連絡先のリンクがあります)


周南市徳山動物園 ボランティア担当職員

電話 0834-22-8640

メール dobutsuen@city.shunan.lg.jp


2016年1月28日 (木)

雪の日の動物園

日曜から雪が降り、とても寒い日が続きましたねsnow
寒さは少し和らいだ気がしますが、今度は雨ですrain

仕事がお休みの日はふれあいのボランティアに行くのが楽しみだったのですが、今年に入ってから天気に恵まれずまだ行けていません。。。今日も久しぶりのお休みだったのですが、外は雨ですweep

さて、日曜にパラパラと雪が降る中、動物達の観察に行って来ましたeye
寒い日の動物達の様子が気になったので調査です!


まずはペンギンです。泳いでいましたgood写真では分かりにくいのですが、結構雪が降っています。「ペンギンだし、寒さに強いのか。。」と思われる方も多いかも知れませんが、実は徳山動物園のペンギンは”フンボルトペンギン”と言う種類で、南米チリからペルーにかけて生息している種類です。それでも寒さに負けず泳ぐんですねeye

Snowy_zoo1

続いてはカピバラです。予想どおり、、、こたつ小屋でぬくぬくしていましたsunカピバラは主にアマゾン川流域を中心とした温暖な水辺に生息しています。やはり寒さには弱いのですねsweat01寝むそうな表情が何とも可愛いですheart02

Photo

では、ライオンはどうでしょうか?暑い地域に生息しているイメージですが、、、いつもと変わらず?のんびり横になっていました。何となく寒そうにしている気もしましたが、カピバラを見た後だったので平気そうに見えてしまいましたsweat01本当は寒がっていたのかな?

Photo_2


ではでは、ホッキョクグマはどうでしょうか??寒い地域に生息しているので、寒さにも強いのでしょうか。他の動物と比べて元気に見えますeyesign03それもそのはず、ごはんの時間だったみたいですrestaurant大好きなサツマイモを食べ終えると、渋々クマフードを食べていました。

飼育員さんによると、野生のホッキョクグマに比べるとやはり寒さには弱いそうです。
Photo_3
2



最後に身を寄せ合って暖をとる可愛い動物達ですheart04

ミーアキャットshine
生息地はアフリカ南部。寒さにはとても弱いそうですsweat01中に入れば良いのに、、因みにお隣のプレーリードッグはみんな中にいましたspa
Photo_4


コツメカワウソshine
エアコンでばっちり暖をとっていましたspa動物園では動物によって様々な寒さ対策をしているのですね。

Photo_6
2_3










2014年10月 3日 (金)

街中に看板!

街中で発見しました。

Photo

大事なお知らせが二つも!

今日は以上です。短っ!(笑)        (に)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます。

新しい年の幕開け、みなさんいかがお過ごしですか?
今年の目標は立てられましたでしょうか。
今後の未知の日々を思うとわくわくしますね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

動物園は1日より開園し、皆様のお越しをお待ちしております。

Pako_2


むこうにいたパコちゃん、ご挨拶にやって来てくれました。

待ってるよー。    (に)

2013年11月12日 (火)

ありがとうございました。

先月末10月29日付 当ブログ 『お願いがあります。』に、多くのリツィートをありがとうございました。
驚くことに100件を超えるリツィートがあり、そのおかげでアクセス数も普段の10倍を超えるものでした。

多くの方がこういった行為に問題意識をお持ちだということがわかり、心強くもありました。

カメラのフラッシュや動物への挑発行為、えさやり。
問題行為を目にしても、来園者同士だと言いにくいこともありますね。
私達にとって当たり前のようなことでも、ご存じない方もきっといらっしゃるのだと思います。
ボランティアとして何ができるのかできることを考え、できる範囲ではありますが、ブログを通して、情報を発信していこうと強く思いました。

「昔は、えさをあげる人がいたんだよ。」

「えーっ!ホントに?」

なんて話せる日が近い将来やって来るように祈っています。

たくさんの応援、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。    (に)

2013年10月29日 (火)

お願いがあります。

今の気持ちをどんなふうに皆さんにお伝えすればいいのか、よくわかりません。
このブログを見に来てくださっている方にお願いするよりも、もっと違うところで訴えた方がいいのかもしれません。
でももうそんなことはどうでもよくて、とにかくお願いしたいことがあります。

【どうぶつたちにえさをあげないでください。】

あえて、小さなお子さんでも読めるようにひらがなで書きました。

動物たちは、体調管理のために食べ物の量や質が全て決められています。

ペットを飼っていらっしゃる方はご存じと思いますが、動物それぞれに、アレルギーを起こす要因になるために食べてはいけないものもあります。

動物たちが欲しそうにしても、食べたいといって口を開けて待っても、動物園で準備されてその動物用に販売されているえさ以外は、絶対に与えないでください。

軽い気持ちであげた食べ物が、動物にとって重い病気を引き起こすことがあります。
そして、原因を探ろうとしても、飼育員さんはその食べ物を食べてしまったことなど知るはずもなく、そのために治療が遅れることもあります。
人間のように「ここが痛い、あそこが苦しい。」なんて言うこともできず、ましてや麻酔をかけなければ治療できない動物だっています。

また動物園には、日本国内でほんの数頭しか飼育されていない動物もいますし、亡くなってしまったらもう二度と動物園で見ることができないような貴重な動物たちがたくさん住んでいます。


Photo_3
                   来てくれてうれしかったですよね。奇跡ですよ。


そんな動物たちが、健康にそして幸せに暮らせるように、皆さんが願い、行動していただきたいと思います。

保護者の方々もそういったお話を動物園で子どもさんたちとしていただけると、とても嬉しいです。

動物たちにえさをあげてはいけない。
それは、飼育員さんに怒られるからでも、怖いお姉さん(私は決しておばさんではありません、あくまでも(笑))に注意されるからでもありません。

Photo_4  
 

                         「よろしくお願いいたします。」  ユキ

動物園にいてくれる動物たちに感謝して、
今日も元気でありがとう、と彼らに伝えてほしいと思います。   (に)

2013年3月25日 (月)

富田中学校さん プルタブをありがとう

こんにちは happy01

久々のブログに少し緊張気味です。

少し前の話ですが・・・゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

今年の1月中旬のことです。

私たちボランティア担当の動物園職員さんから、私へ連絡がありました。

「○○さん、プルタブが大変なことになっていますsign03

私・・ 「えぇーっ、ナニ ナニ・・・sign02」 ドキドキheart02bomb 一瞬心が凍りつきそうになりました。(大げさかな)

飼育員さん・・ 「富田中学校さんが、トラックでプルタブを持ってきて下さいました。で~大量なんですよ。とりあえず置いてますがこのまま長くは置けませーん~云々かんぬん・・・」

早速リサイクル会社へ搬入の準備をと、動物園に行きました。

ワオーッsign03 (今回のブログはsign03が多すぎですね smile )

倉庫はもちろん満杯で、予備室(仮名)はで~んとプルタブ入りの段ボールやビニール袋でこちらも満杯です。備品などは隅で小さくなっていました。coldsweats01

2年と少し前を思いだします。富田中学校さんからは425㎏のプルタブを頂きました。

動物園の中型トラックで頂きに行きました。こんなに大量のプルタブを見たのは初めてで、言葉にならない感動だったことを覚えています。生徒さんたちはもちろんですが、地域の方々のご協力もあったと聞きました。

あれから2年と2ヶ月でこんなにもたくさんのプルタブを集めるとは・・・恐るべし富田中学校sign03そして地域の皆さんsign03

パワーアップされましたねhappy01happy01 punch うふふ

ありがとうございますshineshine

「プルタブを集めて車いすをsign03」運動は6年目になります。今までに6台の車いすを贈呈することができました。

今年はベビーカーを贈呈する予定です。

(実は動物園ではベビーカーが不足していまして・・・coldsweats01)

引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

この運動を続けていてよく思うことは、人の力が集まることの素晴らしさです。

一人の力は小さくても、多くの人たちの少しずつの力が集まることで車椅子となって役に立つ。wheelchair

それから徳山動物園を愛して応援してくださる方がたくさんいてくださることです。心から感謝いたします。confident

今までに集まったプルタブの合計は約3500㎏です。

スゴイなsign03って思います。このスゴイ事をまだまだ続けていきます。

ギネスに挑戦だぁーsign03 って言い過ぎですけど  c(>ω<)ゞ

...。oо○**○оo。最後は調子にのってしまいました m(_ _)m

富田中学校のみなさん

ありがとうございました happy01 これからもよろしくお願いします。

                                    うさこ

2013年3月20日 (水)

EARTH HOUR。

『アースアワー』。
聞かれたことがありますか?

WWFのホームページによりますと

同じ日・同じ時刻に電気を消すアクションを通じて「地球温暖化を止めたい!」「地球の環境を守りたい!」という思いを示す国際的なイベントです。

今年は3月23日(土)午後8時30分から9時30分に開催されるそうです。

世界中が現地時刻で開催するため、時差の関係で東から消灯が地球をめぐっていくことになります。
なんだか素敵ですね。

また日本では、2年前の2011年アースアワーが、東日本大震災の直後であったため、できる規模での消灯を実施して被災地への祈りを捧げたことから、今年も同じように被災地への祈りと、世界の人たちと気持ちを一つにする機会として実施されるそうです。

私もこの時間は電気を消して
いざというときのために買ったソーラーキャンドルライトを灯し

Img_0258_3   

雪を踏みしめて歩いてゆくオスのホッキョクグマの足音を想像したり
楽しそうにじゃれている仔グマや
それを眺めて眠そうな母親を
(ってホッキョクグマばっかりかい!ってつっこまれそうですねcoldsweats01

そうだflair
旭山動物園の飼育係を経て絵本作家になられた
「あべ弘士」さんの本
『こんちき号北極探検記』 (講談社)

を思い出して空想することにします。

東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
被災地の一日も早い復興を

また
この地球上から
これ以上
わたしたち人間が原因で
動物たちが消えてゆくことがないように

ありがとう
ごめんなさい
大好き
そんな言葉を思いながら
祈ることにします。                  (に)

2013年2月 8日 (金)

動物と人とのかかわり。

ここ数日、何度か
「先日の朝日新聞、天声人語ご覧になりました?」と聞かれました。

動物園で飼育され長寿記録を塗り替えた井の頭自然文化園のアジアゾウ、はな子や、コアラの国内最高齢である、天王寺動物園のミクの話が書かれていました。

あわせて、動物たちは生きているだけで、命や地球に関わる深遠なメッセージを発し続ける。そして私達人間の愚かさ、弱さ、優しさはもとより、多くのことを教えてくれる、とありました。

知ったつもりでいた地球環境のことも、
野生動物を取り巻く厳しい状況も、
動物園にいてくれる動物たちの気持ちも、
そしてもっと言えば自分のことも、
実際のところ何も知らずにいるのかもしれないとふと思いました。

彼らがその存在をもって教えてくれるもの。
とりこぼすことなく、出来る限り手に取りたい。そして次へつないでいきたい。

彼らが発しているメッセージ、私はきちんと受け取れているのでしょうか。

みなさんは、この日の天声人語を読まれましたか?どのように思われましたか?
きっと千差万別でしょう。機会があれば、お話を聞いてみたいなと思いました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。..

昨日は、時間が経つにつれ気温が下がり、寒い一日でした。

ユキが、空を見上げる。

それを追って、私も空を見る。

そうしながら

ユキは今何を思うのだろうと考える。

ユキと共有する空間…

そんなゆったりとした時間がとても好きです。

そして、ユキに「ありがとう」を言いたくなります。     (に)

P2070817

ま、往々にしてそんな時
うれしそうにユキの顔をみると
全然全く違うところを見ていたりするんですけどね… (苦笑)

2013年1月27日 (日)

ゾウの森とポテトチップス。

タイトルを見て、内容がおわかりになった方は、近年の動物事情に詳しい方かもしれませんwink

このタイトルを見て、買わずにはいられませんでした。

「ゾウの森とポテトチップス」

P1250820_2 

写真と文 横塚眞己人
そうえん社 「写真のえほん」シリーズ11

世界で3番目に大きな島、ボルネオ島で今起こっていること

ゾウとポテトチップスなんて、一見全く無縁のようですが。
何気ない普段の生活の中、私たちは思いもよらないところで、この動物たちの楽園を破壊することに加担している…というお話。

まずは知ることから。

ボルネオ島についての話は、毎月開催しているZOOクラスの中で扱うテーマのひとつです。
来年度、このテーマを扱うときには、この本をみんなで読みたいなと思いました。
小学低学年~中学年向きに書かれています。

そして

ゾウの命は

ボルネオ島だけでなく、アフリカでも危険にさらされています。

ケニアにある、世界最大規模のツァボ国立公園で、今月初めにゾウ11頭が射殺されました。密猟者たちによる犯行目的は、象牙です。そしてその大半は、アジアに向けて輸出されると聞きます。印鑑、彫刻品、夫婦箸、数珠などに使われるようです。

ゾウたちは、自分の死が近づいた時自ら「ゾウの墓場」へ行き、そこで死を待つと聞いたことがあります。
そしてそこで亡くなったゾウの姿を見たゾウは、そのゾウの象牙を引き抜くのだそうです。
なぜなら、その象牙のせいでたくさんの仲間が命を落としていることを知っているから。

こんな話を聞くと、自分に何ができるのかさっぱりわからなくて、また自分がちっぽけに思えて、ため息がでます。命の重みは、こんなにも多くのことを私に訴えるのに…

まずは知ることから。

そこから何を感じてどう動くのか。

それは私達一人ひとりにゆだねられています。

どう思われますか?
動物たちの声が聞こえますか…      (に)