« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月19日 (日)

2月ズ-クラス 「ツルよ 舞え」

  今回は「ツルのなかま」がテーマの動物です。

 2月18日(土)14時から「ツル型の紙飛行機作りflair」を楽しんでいただきました。

 太陽sunが顔を出して日が当たると暖かいけれど、日陰は寒い、まだまだ寒い午後でした。

 紙にクレヨン、色鉛筆などで色をつけていきます。
 
 参加者のお子様たちには、少し難しかったかもしれませんが、親子でいっしよにがんばって色塗りしてくださいました。

 きれいに塗り終わったら、はさみで切り、やまおり、たにおりと折り、のりでくっつけていきます。

 これは少し難しかったかも?と、テーブルをまわって、ボランティアのメンバ-が作り方や、見本をもってお手伝いしました。



170218_141703


   完成、できましたsign03   ツル型紙飛行機のできあがりですshine



170218_142501


 どんなふうに飛んだでしょうか? 気持ちよくスィ~スィ~、フワフワ、ス-ッとどんな感じだったでしょうねhappy01 楽しんでもらえたら嬉しいです。

 14時45分動物観察flair場所はフライングケ-ジ、ここにはリニュ-アル工事で移動した鳥たちが一緒に展示されています。
この中に2種類のツルがいます。「カンムリヅル」「ハゴロモヅル」です。

170218_1453030001_2
                     上の写真は「ハゴロモヅル」です。

 飼育員さんから、ツルは世界で15種類、日本では7種類が見られる、寿命は長くて50年くらい、ツルは夫婦で協力して、卵をあたため、こどもを育てると説明してもらいました。

 食べ物は米、麦、ミミズ、虫などです

 
 もう1種類のツルを周南市では見ることができます!
 「ナベヅル」  八代のツルとその渡来地は特別天然記念物
 ツルが毎年わたってくる場所は、本州ではここだけです。

 このところ、周南の八代にやってくるナベヅルがどんどん減ってきています。地域の人たちはねぐらの整備や、農薬を使わないコメ作り、ナベヅルを驚かさないようにする、周辺の電線、電柱の整備などして、ナベヅルを守っています。少しずつでも、飛んでくるナベヅルが増えるといいですね。

 リニュ-アル工事中で、鳥たちもあちこちに展示してあり、ご不便をかけていますが、暖かくなる春にはいきいきとした鳥たちの様子をご覧ください!
                         ( チロ )

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »