« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月30日 (月)

ありがとうございました。

今年も残すところ2日となりました。
時の流れの速さに毎年驚かされます。
大掃除は終わりましたか?

今年も動物園を愛してくださり、また周南ふれんZOOのブログへご訪問いただきまして、ありがとうございました。

来る年もまたみなさまとともに動物園を盛り上げていきたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

来年が皆様にとって、また動物たちにとって素晴らしい日々であるように祈っています。

『笑う門に福来たる』

Photo
ガブリを見習って一年過ごしましょうかconfident    (に)

2013年12月23日 (月)

プルタブ大量です!

今年もあと少しですね。
連休にお掃除をされた方もいらっしゃるのでは…?

ふれんZOOも皆様から頂いたプルタブの整理をしました。
保管倉庫からせっせと運び出してまとめてみると、今回もびっくりするほどたくさんありましたsign03

2

中にはこんなにかわいいイラストつきも…(^m^)

1

皆様からのあたたかいお気持ちに心がほっこりしましたhappy01

ご協力、本当にありがとうございます。
ふれんZOO一同、感謝の気持ちでいっぱいです<(_ _)>ぺこり

車椅子、ベビーカーなどなど、皆様に動物園を楽しんでもらえるように活用させて頂きますね\(^O^)/   (ほ)

2013年12月20日 (金)

後光。

プレーリードッグたちを見ていると時間があっという間に過ぎます。
ちょこちょことした動きに愛嬌がありますね。

彼らの画像を確認しましたら、なんとプレーリードッグに後光が差していました。(正確にはそう見えただけですが…)

Pc121741


こんな毛を持っているとは初めて知りました。
毛の生え方や毛質など、見ているとより一層興味が湧きます。

動物園へ行くとき、ただ漠然と動物を見るのではなく目的を持って観察すると、それはそれは素晴らしい図鑑になります。
毛、肌色、指の生え方、えさの食べ方、脚の形などなど。
『におい』までわかることもありますね。
それは、食べるえさのにおい?排泄されたもの?それとも動物そのもののにおい?

おなじ水場がある、アシカ・カワウソ・クマ・カバ、それぞれ『におい』が違うことにどれだけの人が気づいているのでしょう。

時に「テーマ」を持って、動物園をまわってみてください。
いつもと違った動物園の楽しみ方を発見できますnote     (に)

2013年12月18日 (水)

ワラビーたちのホームルーム。

閉園間際。

ちょうどこの時間は、ワラビーたちのお食事タイムにぶつかります。

いつも、おもしろいなぁと思っていました。

何がって、この閉園間際のお食事タイムは、まるでワラビーたちのホームルーム。
今日の一日の反省会を開いているように見えます。

Pc061618

「今日のワビー(仮称)のサービスぶり、よかったわ。親子の前でピョンピョン跳ねて、大喜びだったじゃない?」

「そういうラビー(仮称)の昼寝っぷりも豪快だったわ。クスクス笑いながら写真を撮ってる人いたものね。」

ってな会話が聞こえてきそうです。
顔だって真剣そのもの。

耳をワラビーたちのように立てて、彼らの話を聞いてみましょうか。    (に)

2013年12月13日 (金)

シャップが虹の橋へ旅立ちました。

Photo

大きくてたくましいシャップが痩せていることに私が気づいたのは、10月でした。
その頃から体調をくずしていたようで、それ以来気にかけていました。
それでも11月には復調したように見え、食欲もでてきたと聞きましたので、少しずつ良くなってくれたらと思っていた矢先の出来事でした。

私をアシカ好きにしてくれたのは、シャップとミュウの存在があったからこそです。

ゆ~ったりと時間をかけてプールを回り、そしてターンしたら逆さまになって泳ぐ姿を見るのが好きでした。
アシカのぱくぱくタイムでは、ミュウを押しのけるようにしてダイナミックにお魚を食べ、えさの販売がある時は、「アゥ!アゥ!アゥ!」と来園された方にアジを催促するシャップの声が園内に響き渡ったものです。

そんなシャップに会えなくなって本当に淋しいです。

Photo_3

最後に会ったシャップは少し眠そうでしんどそうだったから、今はお空のプールで気持ち良く、逆さまになりながら泳いでいるのかな。そちらで徳山動物園にいた仲間と会えましたか?

長い間ありがとう、シャップ。
今もこれからもずっと大好き。     (に)

2013年12月 5日 (木)

盗み食い?

『飼育員さーん。コウメが盗み食いしてます。』

Pb011105


横で小夏が見ています。
お母さんはお手本でいていただきたいものです。

エサを入れてもらうまで待てなかったのでしょうかね。
先日も閉園間際にコウメはかなりいらだった様子でした。
小夏の方がよっぽど落ち着いているように見えましたし、とばっちりを受けてもすんなりと流せているさすがの娘でした。
察するに、コウメはお腹がすいていらいらしているのだと。

そういえば自分にも思い当たることがあります。
お腹がすくと、妙に機嫌が悪くなるような…。

だとしたら

大目にみてください、飼育員さん。私からもお願いします(笑)     (に)

2013年12月 3日 (火)

キュウシュウノウサギ。

驚いたことに『キュウシュウノウサギ』をご紹介するのは初めてです。
もっと驚いたことに、生態についてお話しようとしましたが、ほとんど知らないことに気づきました。

毛の色は、茶褐色。少し小さめのウサギです。
その大きさゆえに、大型鳥類などに狙われやすいそうで、昼間は岩陰や草木の根元に隠れていることが多い、夜行性の動物です。
なんというお名前がついているのでしょうね。今度聞いてみましょう。

動物園のどこに住んでいるか、みなさんご存知ですか?
以前は、カワウソ舎前に住んでいました。

数週間前のある日、キュウシュウノウサギの姿が見えないことに気づきました。
土の色に似ていることもあって探しづらいので見えない日はあまり探しません。
が、それから何回のぞいても姿を確認することができませんでした。

とうとう虹の橋へ旅立ったのかな…

そんな思いが頭をよぎり、恐る恐る飼育員さんにたずねると

『お引越ししました。』

あー、よかった。

どちらへ?

Pc021557
マヒワさんたちがいらしたところへ。

隠れているのが見えますか?

大きな声で『見ぃ~つけたnote』と言ったのに、『私は石です。』とでもいうかのように隠れています。

わかりますか?ここです。

Pc021556

こういう出来事ひとつをとってみても、動物園ってホントに楽しいですhappy01     (に)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »