« レッサーパンダの贈り物 | トップページ | 2月3日スタンプ広場にデビュー! »

2013年1月27日 (日)

ゾウの森とポテトチップス。

タイトルを見て、内容がおわかりになった方は、近年の動物事情に詳しい方かもしれませんwink

このタイトルを見て、買わずにはいられませんでした。

「ゾウの森とポテトチップス」

P1250820_2 

写真と文 横塚眞己人
そうえん社 「写真のえほん」シリーズ11

世界で3番目に大きな島、ボルネオ島で今起こっていること

ゾウとポテトチップスなんて、一見全く無縁のようですが。
何気ない普段の生活の中、私たちは思いもよらないところで、この動物たちの楽園を破壊することに加担している…というお話。

まずは知ることから。

ボルネオ島についての話は、毎月開催しているZOOクラスの中で扱うテーマのひとつです。
来年度、このテーマを扱うときには、この本をみんなで読みたいなと思いました。
小学低学年~中学年向きに書かれています。

そして

ゾウの命は

ボルネオ島だけでなく、アフリカでも危険にさらされています。

ケニアにある、世界最大規模のツァボ国立公園で、今月初めにゾウ11頭が射殺されました。密猟者たちによる犯行目的は、象牙です。そしてその大半は、アジアに向けて輸出されると聞きます。印鑑、彫刻品、夫婦箸、数珠などに使われるようです。

ゾウたちは、自分の死が近づいた時自ら「ゾウの墓場」へ行き、そこで死を待つと聞いたことがあります。
そしてそこで亡くなったゾウの姿を見たゾウは、そのゾウの象牙を引き抜くのだそうです。
なぜなら、その象牙のせいでたくさんの仲間が命を落としていることを知っているから。

こんな話を聞くと、自分に何ができるのかさっぱりわからなくて、また自分がちっぽけに思えて、ため息がでます。命の重みは、こんなにも多くのことを私に訴えるのに…

まずは知ることから。

そこから何を感じてどう動くのか。

それは私達一人ひとりにゆだねられています。

どう思われますか?
動物たちの声が聞こえますか…      (に)

« レッサーパンダの贈り物 | トップページ | 2月3日スタンプ広場にデビュー! »

その他」カテゴリの記事