« 初公開 ケンちゃん入浴シーン!! | トップページ | 9/15(土)14:30~TOKUYAMA ZOO CLASSです »

2012年9月14日 (金)

動物園のこれからを考える。

少し前にふれんZOOの仲間が、「この絵がステキだったからもらってきたのだけど、白クマが載っているから、(に)さんにあげるheart01」といっていただいた、それがこちらです。

Dvc00091

日本に初めて動物園が誕生して、今年で130年になるそうです。
その130年の間に、動物園は、社会的な役割も、環境も、あらゆる面で変化を遂げてきました。
地球温暖化や資源開発、森林の伐採など、私達人間が原因で引き起こす環境の変化によって、多くの動物が絶滅の危機にさらされている今、『種の保存』も、動物園が担う大切な役割のひとつでもあります。
そして、そのための研究や繁殖、これ以上の環境破壊を食い止めるための学習の場としても、重要な拠点となっています。

去る9月9日に、東京大学で「日本の動物園を考える」というシンポジウムがあったそうです。

行けなくて、本当に残念です。
お話を聞きたかった。できることなら、DVDを売り出すとか貸し出すとかしていただきたいほどです。

今、国立動物園をつくろう、という動きがあるのをご存じですか?
「国立動物園を考える会」というホームページがありますので、是非ご覧いただきたいです。
それに合わせて、今までの動物園やこれからの動物園について考え、「果たして国立動物園は必要か?なぜ必要か?」というお話があったようです。

そういえば、ボランティアを始めるにあたって研修をうけたとき、「動物園学」について学ぶ時間が少しありました。
当時の私には、よくわからない話でしたが、今、その資料を読み返してみると、「なるほど」と思います。
自分の中での動物園も、この数年で変わっている証拠でしょう。

今の日本には「動物園法」がありません。
ほとんどの動物園が、博物館相当施設として指定されているため、一応の基盤として「博物館法」に基づいているのだそうです。
設立や設置などに関する法律がないので、その模範となるべく「国立動物園」の存在も必要となるのかもしれません。

さて、みなさんはどのように思われますか?   (に)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

その「動物園学」研修の資料に書いてあった言葉。

shine動物は、動物の世界からの大使。

じ~ん。
いつ見ても、うるっとします

ありがとう、動物たちheart01    (に)

« 初公開 ケンちゃん入浴シーン!! | トップページ | 9/15(土)14:30~TOKUYAMA ZOO CLASSです »

その他」カテゴリの記事