2017年3月13日 (月)

子供と行く初めての徳山動物園☆

こんにちは!最近暖かい日が続き春を感じますね。

出産でしばらくボランティア活動をお休みしていましたが、娘が外出できるようになったので先週動物園デビューをしました!!

ベビーカーで自宅から徒歩15分程で到着しました。暖かい日だったので、気持ちが良かったです☆

今までベビーカーを押した事が無かったので気付きませんでしたが、正面入り口からは非常に入りにくいと感じました(><)階段横にスロープもありますが、幅が狭く急なので使えませんでした。もう少しバリアフリーになると良いなぁと感じました。新しい入り口まで歩くのも遠いので。。。こちらの入り口から徒歩で来園する場合は抱っこ紐で来た方が良いかもしれません♪

娘は園に着いた時にはスヤスヤ寝ていました。シマウマを見てもらいたかったので残念です!!シマウマはこちらを見ていました。

M1_2

カワウソではお昼寝スリーショットが撮れました☆

M2

その後もほとんど起きる事無く、園内を一周(るんちゃ方面へは時間が足りず行けませんでした(><)!)した後、授乳室を利用しました。ライオンやトラの付近にあります。そんなに広くはありませんが、中にはソファやおむつ替え台、洗面やつい立てがありました。壁には可愛い動物の絵が貼ってあります♪娘はカエルが好きなのでじっと見ていました☆こう言う場所があると子供連れでも安心して遊びに来れますね。ちなみに隣にある多目的トイレはベビーカーが入るので非常に使いやすかったです。

また気候が良い日に遊びに行ってみたいと思いました♪今後もママ目線での情報を少しづつアップして行こうと思います☆

(YURI)




2017年3月 9日 (木)

 お知らせ! 

 皆様、ありがとうございました。
3月31日をもちまして、プルタブ集めを終了させて頂きます。
皆様方のご協力を、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
急なお知らせで申し訳ございません。

 現在、徳山動物園はリニュ-アル工事中です。
まもなく、プルタブの保管場所も工事にかかりますので、使えなくなり、終了することになりました。
平成20年4月から始めました「プルタブ集めて車いすを!!」活動は、市内外のたくさんの方々のご協力をいただきました。
幼稚園・小学校・中学校の皆様からもたくさんのプルタブいただきました。
活動開始当時は、プルタブを集めている団体は少なく、どこへ持って行けば良いのか、車椅子はどこで売っているのかもわからない、手探り状態から始まりましたが、訪ね歩けば何とかなるものですね。
 
 そして、昨年までに  車椅子 ・・・ 6台  ベビ-カ- ・・・ 4台
を贈呈することができました。
すべては、皆様方のご協力によるものです。感謝申し上げます。
 

 ただいま、徳山動物園はリニュ-アル工事中でご不便をおかけしているかと思いますが、普段見られない裏側?や別々だった動物たちの同居?を見ることができるかも???楽しみ方いろいろですよ。
オレンジチェックのユニホ-ムの、私たちボランティアを見かけましたら、お気軽にお声をおかけ頂いても結構です。たまには面白情報があるかも?ないかもです。
 これからも、徳山動物園へお気軽にお越しください。
 ありがとうございました。
                                      うさこ

 

 

2017年2月19日 (日)

2月ズ-クラス 「ツルよ 舞え」

  今回は「ツルのなかま」がテーマの動物です。

 2月18日(土)14時から「ツル型の紙飛行機作りflair」を楽しんでいただきました。

 太陽sunが顔を出して日が当たると暖かいけれど、日陰は寒い、まだまだ寒い午後でした。

 紙にクレヨン、色鉛筆などで色をつけていきます。
 
 参加者のお子様たちには、少し難しかったかもしれませんが、親子でいっしよにがんばって色塗りしてくださいました。

 きれいに塗り終わったら、はさみで切り、やまおり、たにおりと折り、のりでくっつけていきます。

 これは少し難しかったかも?と、テーブルをまわって、ボランティアのメンバ-が作り方や、見本をもってお手伝いしました。



170218_141703


   完成、できましたsign03   ツル型紙飛行機のできあがりですshine



170218_142501


 どんなふうに飛んだでしょうか? 気持ちよくスィ~スィ~、フワフワ、ス-ッとどんな感じだったでしょうねhappy01 楽しんでもらえたら嬉しいです。

 14時45分動物観察flair場所はフライングケ-ジ、ここにはリニュ-アル工事で移動した鳥たちが一緒に展示されています。
この中に2種類のツルがいます。「カンムリヅル」「ハゴロモヅル」です。

170218_1453030001_2
                     上の写真は「ハゴロモヅル」です。

 飼育員さんから、ツルは世界で15種類、日本では7種類が見られる、寿命は長くて50年くらい、ツルは夫婦で協力して、卵をあたため、こどもを育てると説明してもらいました。

 食べ物は米、麦、ミミズ、虫などです

 
 もう1種類のツルを周南市では見ることができます!
 「ナベヅル」  八代のツルとその渡来地は特別天然記念物
 ツルが毎年わたってくる場所は、本州ではここだけです。

 このところ、周南の八代にやってくるナベヅルがどんどん減ってきています。地域の人たちはねぐらの整備や、農薬を使わないコメ作り、ナベヅルを驚かさないようにする、周辺の電線、電柱の整備などして、ナベヅルを守っています。少しずつでも、飛んでくるナベヅルが増えるといいですね。

 リニュ-アル工事中で、鳥たちもあちこちに展示してあり、ご不便をかけていますが、暖かくなる春にはいきいきとした鳥たちの様子をご覧ください!
                         ( チロ )

« 「ウマからうまれる、肥料づくり」 ~1月のズークラス~